Ich unterstütze sola (.ANIME ).
[MelonBooks/livret]メロンブックス&リブレット【コミックマーケット72カタログ&連動企画詳細情報☆ミ】

桃李総合研究所Blog実験室

2005年12月22日

[ONE〜輝く季節へ〜]3寸の時間

長森「ほら、3寸経ったよっ」

遠野 美凪さん、ミア クレメンティスさん、お誕生日おめでとうございます☆ミ

22:30 本日分開始
22:36 枝1-1完了
22:44 永遠
22:45 枝1-2完了
22:57 枝2-1完了
23:01 枝2-2-1完了
23:12 永遠
23:13 枝2-2-2-1完了
23:20 枝2-2-2-2完了、本日分完了
(次回、12/24)

空間距離と時間距離とを等価に計測する方法としては、真空中の光が進む距離を利用するというものがある。
真空中の光速度cは、定義により
c=299 792 458[m/s]
である。

当該寸を曲尺系と仮定すると、真空中の光が3[寸]進む時間t(a)[s]は
t(a)=3*100/(33*10^-2)/299792458[s]
=1/3297717038[s]
≒3.0324008654377459052325155861356*10^-10[s]
となる。
勿論、当該寸を鯨尺系と仮定しても値が求められるが、ここでは割愛する。

助手「…って、何に時間を掛けてるんですか」
主任「簡単な物理計算」

過去の選択により天候が変わり始める時期である。

佐織、名前初登場。
長森への道はPlayerが自ら選び取らなければならない。
暫くは心に雨が降る事になる。

肩の荷を背負い直す。
遠くない未来、仮令永遠に翻弄されるとしても。

・襲ってしまう
今なら存分に、椎名を知らなくても引っ張れる。

今の茜は、漢方で言う『虚証』が何時にも増して強い。
そしてその傾向は今後も強まる。

・…今、自分にできること。
・この手のかかる妹を、最後まで見守るのもいいかもしれないな…。
・本当に、最後の一瞬まで…。
『最後』を意識として内言に現すのは、これが最初である。
・授業中、オレはずっと一つのことを考えていた。
浩平がこんなに集中するのも珍しい事ではある。
・澪の為に残りの時間を使う…。
・それも悪くないと思った。
決意。そして…
・浩平「入部希望」

・すぐに下校する
・雨が止むまで待つ
この選択肢の出現条件は、他を探索しながらだと意外とクリティカルなのかも知れない。
成果は、みさき先輩の笑顔である。
posted by 桃李 秋千 at 23:55| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3寸の時間、私もチラッとそう思いました。
直交する経路をつくって、この時間を厳密に測定することで、重力波が観測できるようです。

あとは、こじつけみたいになってしまうのですが。
「一寸」を「ちょっと」とも読みます。
人によって主観がはいりますが、「ちょっとの時間」。
その三倍が三寸の時間とも言えるかもしれません。

仕事に割り込んでくるのに「一瞬いいですか?」という人もいます。
一瞬とは瞬き一回分で通常は1/10Sくらいを意味しますが大抵の場合は30s〜1minくらいは時間をとられます。

ちょっとの時間は1分とか3分くらいでしょうか。
そうすると三寸の時間は3〜9分くらいとなり、朝ぎりぎりまで寝るスリルを満喫するにはちょうどいいくらいとなります。

浩平君、もし寝起きの頭で直感的にここまで考えていたらすごいです。
Posted by 上月餡 at 2005年12月23日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。